サプリメントの歴史

サプリメントの起源はハッキリと分かりませんが、
その認知度を一気に高めたのは、
1970年代に起きた革命の時です。

その年のアメリカでは、ジャンクフードが主流で、
栄養不足による健康被害が相次いでいました。

しかし、まだ医学が進歩していなかったので、
対策が追いついていませんでした。

そこで、医者、成分研究家、栄養士、薬学師、被検体など
1万2千人を超える専門家や被検体による研究結果により、
本格的に成分の欠乏症が懸念されだしました。

そこで現れたのがサプリメントです。

サプリメントは特定の栄養素をピンポイントで摂取できます。

アメリカでは、野菜よりも肉の方が安く、
食費を抑える為にもジャンクフードが主流だったのです。

それが原因で起きたこの騒動です。

おかげでサプリメントが脚光を浴び、
そして事実上多くの人々を救ったのです。

そして日本では2000年に入りサプリメントブームが訪れました。

この遅れは、飽くまで日本の食事のクオリティが高いからであって、
決して研究が遅れていたわけではありません。

しかし、事実として研究が遅れています。
その為、食生活が崩れ出した今、
日本でもサプリメントを求める人が増えた半面、
粗悪なサプリメントが後を絶たないという状況が発生してしまったのです。

ダイエットサプリメントの効果サプリメントの懸念材料

最新情報

全てのエントリー

他のサプリメント情報

管理人